黄ぐすみ 改善

黄ぐすみを改善!治すなら絶対に知るべき糖化とカルボニル化の原因と改善方法!



肌がくすんで透明感がない」「何か黄色くくすんでいる
こんなことを感じることはありませんか?

そのくすみ、その肌は「黄ぐすみ」かもしれません。

黄ぐすみになると、肌全体が黄色くくすんで老けた印象になってしまいます。

黄ぐすみの原因と対策について解説していますので、黄ぐすみ肌から綺麗な透明肌を目指したいあなたはさっそくチェックしていきましょう!

黄ぐすみとは?

黄ぐすみとは?



年齢を重ねるにつれて、お肌には若い頃にはみられなかったような様々な変化が起こりやすくなります。

黄ぐすみと呼ばれている状態もこの内の一つで、AGEsという老化物質が蓄積することが根本的な原因です。
この物質は糖化反応と呼ばれている体内で起きる現象により生成されるもので、お肌の弾力低下やたるみも同時に伴うのが特徴です。

黄ぐすみの他に、青ぐすみ、茶くすみ、赤くすみ、黒くすみなども


ちなみに、お肌のくすみとしては、
血行不良が原因で顔が青黒くなる「青ぐすみ」、
ターンオーバーが遅くなり古い角質が蓄積して厚みを帯びることによる「赤くすみ」、
紫外線のダメージを防御するために生成されたメラニン色素が沈着して茶色っぽくなる「茶くすみ」などの種類があります。
いずれも放置しておくとますますひどくなってしまい、黒ずみなどに発展する可能性があります。

お肌のハリやツヤを正常な状態でキープしたいのであれば、適切な対処がその都度必要です。
例えば黄ぐすみの場合であれば、抗糖化・保湿・クレンジング・紫外線対策の4点がポイントとなります。

黄ぐすみを治すには原因を知るべし!

肌のくすみといっても、すべて同じものではなくいくつか種類があります。
肌のくすみは青や黄色と色合いだけでなく原因も異なります。ですから、くすみを解消して透明感を取り戻したいのであれば、根本の原因を突き止めてアプローチしなければいけません。

黄ぐすみの原因


その中で黄ぐすみと呼ばれるタイプについてみましょう。

黄ぐすみとはどのような状態なのかというと、その名の通り肌の表面が変色して黄ばんで見えている状態です。
元々日本人は黄色人種と呼ばれるように、白色人種に比べると肌の色は黄色がかっています。しかし、その日本人でもさらに黄ばんでいると見えるくらいですから、かなり目立ちます。

メイクをすれば黄ぐすみを隠すこともできますが、それは一時しのぎでしかなく何の解決にもなりません。本当の美しさを手に入れるためにも、黄ぐすみを解消するべきです。

では、何が原因なのかというと、糖化とカルボニル化、そしてメラニンの黒化といった現象によるものです。

糖化

糖化について解説していくと、食事やジュースなどから摂り入れた糖分は、体を動かすためのエネルギー源になります。しかし、運動量が少なかったり摂取量が多いと、糖分はすべて消費される事が出来ずに余ります。
余った糖分はたんぱく質を結びついて糖化たんぱく質になり、最終的にAGEs(終末糖化産物)という褐色の物質に変化します。このAGEsは肌や髪に蓄積されていきます。

褐色のAGEsが蓄積されていくほどに色合いが強くなりますし、周囲のコラーゲンを破壊していきます。
コラーゲンはいうまでもなく、水分を保持するために欠かせない成分です。コラーゲンが失われて水分を保持できなくなれば肌の老化が加速してハリやツヤがなくなります。
このことが黄ぐすみを引き起こす一因です。

カルボニル化

ではカルボニル化についてもみていくと、紫外線やストレスによるたんぱく質の変質です。紫外線を浴びたりストレスを感じたりすると、活性酸素が生まれます。
この活性酸素は脂質を酸化アルデヒドという物質に変えます。すると酸化アルデヒドはコラーゲンなどのたんぱく質と結合します。
これも糖化と同じくALEs(脂質過酸化最終物)となるのですが、ALEsはAGEsよりも色合いが濃いので強い黄色になります。

メラニンの黒化

あとはメラニンの黒化ですが、メラニンは紫外線を浴びるとメラノサイトという色素細胞が反応して生成されるものです。しかし、メラニンはつくられたときにはチロシンという無色透明の物質で、可視光線があたると黒化します。黒化したメラニンが加齢などが原因で色素沈着すると、黄ぐすみが強くなります。

食事や運動で糖化を改善


これらの原因を踏まえて、黄ぐすみをどのように解消していけばいいのかというと、糖化については食生活が大きく影響をします。糖分を過剰に摂取すれば、それだけ使われない分が増えて大量のAGEsがつくられてしまいます。
ですから、砂糖をたっぷり使ったケーキやジュースなどをなるべく控えるようにしてください。

食事をするときに食べる順番も、血糖値の上昇に関係しています。最初に食べるとよいのが野菜で、その次に肉や魚などのたんぱく質、最後にご飯などの炭水化物という順番にすれば血糖値が抑えられる「セカンドミール効果」を期待できます。

それから消費するエネルギー量が少ないことも糖分を余らせます。
エネルギーの消費量が多い、ジョギングやマラソンといった無酸素運動を積極的に行うことで、糖分を代謝できます。

あとはドクダミ茶や甜茶を飲むと、AGEsの生成を抑えることができますから、普段から飲んでいるお茶やコーヒーを置き換えると効果的です。

紫外線対策や抗酸化でカルボニル化を改善


カルボニル化については、紫外線やストレスなどの影響を減らすこと、活性酸素の働きを抑えることが重要です。
紫外線であれば外出時には日焼け止めや日傘などを使い、なるべく浴びないようにしましょう。
ストレスは原因となっているものから遠ざかるか、スポーツやカラオケなど気分転換が出来ることで軽減していきます。

そのうえで、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のある食材を摂りましょう。
ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用をもっています。

ビタミンCであれば柑橘類やジャガイモ、ビタミンEならナッツにかぼちゃなどが多く含んでいます。
ただ、ここで注意しなければいけないのが、フルーツを食べるときに、糖分を摂取しすぎないようにすることです。
活性酸素の働きを抑えても、糖分の過剰摂取につながれば結果的に黄ぐすみの解消にはなりません。

紫外線対策でメラニンの黒化を改善


あとはメラニンの黒化ですが、こちらも紫外線を浴びないように日焼け止めを塗ったり、摩擦など肌に対する刺激を控えることが効果的です。
それに色素沈着が起きないようにターンオーバーを活性化させることも必要です。

ターンオーバーの活性化は、保湿などのスキンケアを徹底することや洗顔・ピーリングなどをやりすぎないことで改善できます。
黒化が行われるときにはチロシナーゼという酵素が関係しているので、その働きを抑える美白化粧品をつけることも効果的です。

黄ぐすみした肌は透明肌に戻らないの?

一度黄ぐすみした肌は、もう透明肌には戻らないのでは?と感じている方もいらっしゃると思います。

ですが、悲観しなくても大丈夫です。
黄ぐすみには原因がありますし、きちんとした対策をすることで改善することは可能です。

黄ぐすみは改善できる


肌の黄ぐすみは糖化が原因です。

糖化はタンパク質と糖が結びついて起こる老化現象です。
身体の内側で発生している問題なので生活習慣を改善すると解決します。

黄ぐすみは紫外線やスキンケアでアプローチするのもひとつの対策ですが、より効果を期待するには食生活を見直しましょう。

まず食事で気を付けたいのは早食いを治すことです。
血糖値の上昇を防ぐために最低でも15分かけて食事をしてください。
できるだけ先に野菜を食べ、肉や魚などのタンパク質、最後に炭水化物がおすすめです。

身体に糖分を蓄積させないようにするために、甘いお菓子などは避けたほうが無難です。
抗酸化作用のある野菜も積極的に摂取しましょう。透明肌を手に入れるには日々の生活習慣が重要なカギになります。

保湿をサポートする化粧品を使ってみよう

敏感肌の人をはじめとして、肌トラブルに遭いやすくて悩んでいる人は珍しくありません。

肌トラブルを防ぎたいなら、生活習慣の見直しなども大切ですが、やはりバリア機能を健全な状態に維持するのが一番です。

保湿をしっかり行う


バリア機能を低下させないコツは保湿をしっかりと行うことです。
冬場は乾燥するのでしっかりと潤いを与える人でも、それ以外のシーズンはいい加減にケアにしているケースが多く見受けられます。

ところが、他のシーズンでも保湿が必要な状態になることがよくあるので注意しましょう。
たとえば、夏場は汗をたくさんかくので洗顔の機会が増えてしまいます。それによって皮脂が多く取られてしまい、その影響で水分が逃げやすくなることもあるのです。

したがって、1年を通して肌に潤いを与えることを意識しなければなりません。

そこでポイントになるのは適切な基礎化粧品でサポートするということです。
自分に合っていないものを使用していると逆効果になる恐れもあります。
化粧水や美容液でしっかりと水分を与えて、乳液やクリームでコーティングをするというのが一般的な流れです。

今使っている化粧品を変えてみるのも


この流れ自体を変える必要はありませんが、効果が出ないと感じたら使用している化粧品を変更してみましょう。
とはいえ、やみくもに試し続けてもお金がかかってしまい、なかなか理想の商品に出会えないかもしれません。

そのような事態を避けたいなら、アヤナスのトライアルセットを注文してみるのも一つの手です。
10日間のお試しによって自分に合っているか確認できますよ。

↓↓↓ アヤナスとトライアルセットをお試し ↓↓↓

スキンケア化粧品から黄ぐすみを改善する方法

毎日鏡を見ていると小さな変化を見逃しがちになってしまうことも。

黄ぐすみは少しずつ肌の透明度が変化して、だんだんと肌がくすんできて黄色くくすんでいるような肌になってしまうことです。

黄ぐすみになると、肌が全体的に黄色味になってどんよりした感じで老けているような印象になってしまいます。
そんな肌の変化に気が付いた時には毎日のスキンケアを見直してみましょう。

スキンケアで黄ぐすみをケアするには、「紫外線対策」「保湿」「抗糖化(こうとうか)」「クレンジング」の4点がポイントになります。

紫外線対策・保湿・抗糖化(こうとうか)・クレンジングがポイント


黄ぐすみには原因があり、糖化と言われる糖とタンパク質が結びついた現象が透明度にマイナスの変化をもたらしていると言われています。
糖化は体温の熱で、体の中の余分な糖に皮膚の内部のコラーゲンなどのたんぱく質が結びついた反応で、老化物質のAGEs(エージス)が生じて褐色化が起こってきます。

そして、糖化の他にもカルボニル化というたんぱく質と脂質が関係する一種の酸化反応も関係しています。

さらに、紫外線によるメラニンの黒化や血行不良なども色味の変化の原因の一つと言われます。

これらの現象が複合的になって黄色がかった状態になっているのです。

そんな時に心配なのが一度黄ぐすみしたらもう元のきれいな状態には戻らないのではないか、陶器肌を失ってしまうのではないかということではないでしょうか?
しかし、その点については心配し過ぎる必要はないのです!
実はそんな状態になってしまっても黄ぐすみを改善する方法はあります。

その解決策としては、ズバリ日頃のスキンケアにヒントがあります。

常日頃のスキンケアをしっかりと行い、保湿などの必要なケアを徹底することで改善していくことが可能です。

肌ステインが原因のことも


皮脂などの汚れをしっかりとオフし、残っている肌ステインをキレイに除去するクレンジング。これもとても大切です。
毛穴が詰まっていたり、汚れが残っている状態だとどんなに良い成分のコスメをその後使ったとしてもしっかりとした効果が出にくくなってしまいます。
そのため、クレンジングなどで汚れをオフするプロセスから、その後の必要な成分を与えるプロセスまでのつながりを意識してスキンケアを行うことが大切です。

そんなスキンケアにおすすめなのがアテニア等のこだわり成分などがしっかりと用いられている化粧品です。
良いスキンケア化粧品をつながりを意識しながら使用することは、陶器肌になりたいという人にもおすすめです。

黄ぐすみは改善してくことが可能と言われていますので、毎日のスキンケアを重視してしっかりと改善していきましょう。

サプリメントから黄ぐすみを改善する方法

黄ぐすみは様々な要因によっておこる肌トラブルです。

紫外線や外気、ホコリなどの体の外からの刺激から肌を守る対策や、食生活や生活リズム、睡眠の改善などで血行や体内循環を良くする体の中からのアプローチで透明肌に近づけると考えられています。

抗糖化サプリで改善


糖化に視点をあてた「抗糖化」に力を入れているスキンケア化粧品をお手入れに取り入れるのも、黄ぐすみ対策には有効だと期待できます。

サプリメントから黄ぐすみを改善する方法でも、この「糖化」に特化した製品をおすすめします。

抗糖化のサプリとして注目されているホワイタスは黄ぐすみ対策として定評のあるサプリメントです。糖化ケアをうたった商品の中でも口コミの良さで上位にあげられる商品です。

カルボニル化対策サプリで改善


糖化と並んでキーワードとされるのが「カルボニル化」です。
カルボニル化の黄ぐすみにはオリーブ葉エキスが有効であると言われていますが、オリーブ葉エキスのサプリはあまり種類がなく少ないのが現状です。

資生堂のニュースリリースには、オリーブ葉エキスが配合されていて、リピーターも多い人気のサプリメントのようです。

血行不良が原因かも?


顔の黄ぐすみに悩んでいる人が大半だと思います。

全身を見て首から上だけ、顔だけに明らかな色の違いがあるという場合には、低血圧で血行不良になっている可能性も考えられます。
血圧チェックをしたり、医療機関に相談してみるのも良いでしょう。

食生活から黄ぐすみを改善する方法

人間の肌の状態は、日ごろの食生活と深くかかわりがあるといってもよいでしょう。

黄ぐすみの悩みがあるのであれば、それを改善したり予防するためにも、食事内容や食べ方に工夫をする必要があります。

糖化を防ぐ食生活


気をつけたい食生活として、まず第一に挙げられることが糖化です。
黄ぐすみが発生する原因の一つに糖化が挙げられます。

糖化とは、糖とたんぱく質が結びつき発生するものであることから、一番重要なことは、体内に不必要な糖を残さないことです。
このためにも食事のスピードと食べる順番、食べ物の選び方が重要となります。

食事の早さ

特に食事を急いで食べてしまう人の場合には、食後の血糖値が上がりやすい傾向にあります。
これを防ぐためにも、ゆっくりとよく噛み、最低でも15分はかけて食事を行いましょう。

食べる順番

また食べる順番を少し意識するだけでも、血糖値が急激に上昇することを防ぐことができるでしょう。
意識したい食べる順番としては、一番に野菜を食べます。
その後に肉や魚などのたんぱく質、そして最後にご飯やパンなどの炭水化物の順番が望ましいです。
野菜の方が血糖値が上がるスピードが遅くなるため、できる限り野菜から食べたほうがよいということです。

食べ物の選び方

食べ物を選ぶ場合にも、糖分が高いものはもちろんよくありません。
特にチョコレートやクッキーなどの糖分が高いお菓子や、ビールや日本酒なども注意が必要です。

糖化を防ぐ食生活は、ダイエットに効果が期待できることから、黄ぐすみの予防や改善に加え、ダイエットにもつながります。

カルボニル化を防ぐ食生活


黄ぐすみの改善方法として、二つ目に挙げられることがカルボニル化を防ぐことです。
黄ぐすみのもう一つの原因にカルボニル化が挙げられます。

カルボニル化糖は資生堂と研究チームが発見したものです。
酸化した脂質の分解物質であるアルデヒドとタンパク質が結合して発生するものなので、脂質の酸化を防ぐことによって黄ぐすみの予防や改善につながるといわれています。

酸化を防ぐ方法としては、一番重要なことが抗酸化作用のある食べ物を摂取することが望ましいと言えるでしょう。

抗酸化作用を持つ栄養素と食べ物

抗酸化作用を持つ栄養素と、その栄養素を多く含む食べ物としては、まず第一にビタミンAがあげられます。
鶏レバーやウナギ、モロヘイヤや春菊、パセリなどに含まれています。

オレンジや柿、ブロッコリーなどに含まれているビタミンCや、
モロヘイヤ、アーモンドなどに含まれているビタミンEの摂取も重要です。

ブルーベリーや黒豆などに含まれているアントシアニン
大豆類に含まれているイソフラボン
ソラマメやリンゴに含まれるカテキンもお薦めです。

緑黄色野菜に含まれるカロテノイド
ゴマの主要栄養素でもあるセサミン
トマトやスイカに含まれているリコピンなども重要といえます。

そのほかにもルテインや亜鉛、セレンなどもよいでしょう。

脂肪を抑えた食生活

黄ぐすみの原因となっているカルボニル化に大きく影響を及ぼすものが脂肪です。
脂肪はエネルギーとして必要不可欠なものですが、美容やダイエットを考えた時にはあまり好まれるものではありません。

脂肪分が多い食生活を続けていると、過酸化脂質を作り出して、カルボニル化の黄ぐすみを進行させる原因にもなってしまいます。
お肉の脂身やバター、中性脂肪となるスナック菓子やアルコールなどはできる限り控えた方がよいでしょう。

脂肪酸にも注意

また脂肪を構成している脂肪酸の種類にも十分な注意が必要です。
脂肪酸は大きく分けると二つに分かれ、一つ目が飽和脂肪酸、もう一つが不飽和脂肪酸です。

さらに不飽和脂肪酸は二つに分かれますが、そのうちの一つの多価不飽和脂肪酸の中に含まれている必須脂肪酸については頭に入れておきたいところです。
必須脂肪酸は体内で合成することができないため、食事から摂取する必要があるものです。
必須脂肪酸は、いわゆるDHAやリノール酸、リノレン酸などと呼ばれるもので、植物油に多く含まれています。

黄ぐすみに効果的な飲み物を取り入れる


そしてこれから黄ぐすみを改善する食生活に新しく取り入れたいと考えるのであれば、手軽に取り入れることのできる飲み物を考えてみましょう。
その中でもお茶や甘酒がよいと言われています。
お茶やハーブティーには茶カテキンが含まれていますが、この茶カテキンには抗酸化作用があります。
それに加え、日常的にも取り入れやすい飲み物と言えるでしょう。

美容を意識したいと考える人には甘酒は非常にお勧めで、ビタミンやアミノ酸、コウジ酸などが含まれていることから、アンチエイジングにも大きな効果が期待できます。
甘酒は砂糖不使用のものが多い米麹のものが、カロリーも低いのでおすすめと言えます。

軽い運動も効果的


このように食生活に少しの工夫をすることによって、黄ぐすみの改善に大きな効果が期待できることがわかります。
それに加え運動をすることによって、糖がたんぱく質にむすびつく確率を大幅に減らすことができるでしょう。

食事をした30分後ぐらいに軽い運動を取り入れることがおすすめです。
その中でも一番取り入れやすいものがウォーキングと言えるでしょう。
筋力トレーニングも糖化の防止に役立ちます。

ハイドロキノン配合クリームを使ってみよう

ハイドロキノンは、メラニン合成酵素のチロシナーゼの阻害剤です。

ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性を持つため、シミの原因であるメラニン色素の抑制作用を期待することができる漂白剤と言われています。
肌の美白ケアを考える人は多いかと思いますが、ハイドロキノンが配合されている化粧品を使うのが効果的です。
また、アルブチンはハイドロキノン誘導体と呼ばれるもので、ベータ型およびアルファ型の2種類があります。

ハイドロキノンはクリームがおすすめ


ハイドロキノンやアルブチンが配合されている化粧品を上手に活用することで、メラニンの生成を抑える働きがある、茶褐色の肌にさせない秘訣にも繋がります。
なお、ハイドロキノンが配合されている化粧品の中でも、クリームは浸透力が高く、肌にすり込むことでメラニンの生成を抑えてくれるのです。

ちなみに、アルブチンはコケモモや梨などの植物に含まれているもので、天然型フェノール性配糖体なので肌に使うのにも安心と言えます。

生活習慣から黄ぐすみを改善する方法

黄ぐすみを解消するためには、生活習慣から見なおしをしていく必要があります。

規則正しい生活習慣とはバランスのよい食生活と適度な運動や筋力トレーニング、そして睡眠リズムを正常にすることです。
これらをバランスよく実行することが糖化を抑制し、黄ぐすみを予防・解消することになります。

運動習慣をつくろう


主な原因は糖化にありますので、骨格筋を強化する筋力トレーニングにより糖の代謝を促進していきましょう。

食事から30分後くらいに運動することで、代謝をスピーディーにできるでしょう。

日本人の食生活では必然的に炭水化物の摂取が多いので、糖化が起こりやすい状態にあるわけです。
糖化は真皮という皮膚の内側で発生する症状であり、ターンオーバーを乱れさせて肌老化を促進させる要因とも言われています。

糖とたんぱく質が結びつくことで発生する糖化を抑えるためには、炭水化物の摂り過ぎに注意した食生活を実現する必要があります。

また、筋力トレーニングは基礎代謝を高めてくれますので、毎日の運動を徹底しましょう。

肌は日々の生活習慣の影響を強く受けますので、ここは意識しておく必要があります。
糖化を抑制するには骨格筋を強化させることを意識する必要があるため、無理のない範囲で身体を動かしてください。

骨格筋」と言われてもよく分からないと思いますが、自分で動かせる範囲の筋肉が骨格筋なので、腕立てや腹筋でも十分OKです。
特に、動きがゆっくりな「スロートレーニング」にするとより効果的です。

運動により糖が速やかに燃焼するようになり、体脂肪として身体に蓄えられるのを予防できます。
たんぱく質に関しては筋肉の原料となるので、欠乏には十分に注意しプロテインなどを摂取するのも効果的です。

質の良い睡眠をとろう


健康な肌を実現するためには、ターンオーバーを促進する対策が欠かせません。
新陳代謝を活発にするためには、不規則な生活習慣を改善していきましょう。

これは食生活だけに言えることではなく、睡眠習慣にも関係しています。

具体的には早寝早起きを徹底して、寝起きがよい状態に導いていくことです。
寝起きが悪くなってくると、睡眠の質も悪いと考えてください。
ほどよい運動や筋力トレーニングをすることにより、睡眠の質を高めることもできます。

睡眠は疲労やストレス解消に役立ち、脳をリフレッシュさせる作用があります。
さらに肌状態を元気にする役割もあるので、睡眠の質と時間には気を配ってください。

具体的な睡眠時間は1日8〜9時間と考えておくとよいでしょう。
6〜7時間の睡眠だと不足であり、こうした状況が毎日継続すると少しずつターンオーバーを乱れさせることになります。
就寝時刻が遅いと寝不足になりやすいので、10時までには眠るというように自分の中で決めておく必要があります。

メイク方法から黄ぐすみを改善する方法

お肌が黄ばんでしまう「黄ぐすみ」と呼ばれている現象は、糖化反応により生成されるAGEsが根本的な原因です。
このために、ターンオーバーが遅れがちとなり角質層が蓄積されて生じる「赤ぐすみ」と同様に、エイジングトラブルの一種です。
つまり、加齢とともに発生する頻度は高くなりますが、かといって対処する方法が全くないというわけではありません。

具体的には、抗糖化・クレンジング・紫外線対策・保湿の4点がポイントで、これらに気を配ることがお肌を守るための対策となりますが、
黄ぐすみの肌をメイクで透明肌に近づけることはできます。

コントロールカラー系の下地を使うことがポイント


メイク方法から黄ぐすみを改善するには、下地の色選びや自分の肌状態に合わせたアプローチにより、くすみを目立たなくさせることが可能です。
黄ぐすみ肌は「パープル」や「ブルー」のコントロールカラーでカバーするのがベターです。

例えば、基本のアンダートーンがイエロー寄りの「イエベ」の人の場合は表皮が比較的厚いのが特徴で、皮膚が固くなりがちです。
このタイプは、少し強めのマッサージで血行を促進するのが有効で、血管が拡張するに伴い本来の血色が回復します。
メイクはピンク系のチークでくすみを目立たなくできます。

一方、色白で表皮が比較的薄めで静脈が浮かび上がって見える「ブルベ」は、乾燥が原因でくすみが起こりやすいのが特徴です。
油分を含んだクリームなどで保湿するのが有効で、ブルベ由来の透明肌を回復させることが出来ます。
メイクはピンク・パープル系の下地が有効です。

黄ぐすみ改善への道

黄ぐすみの原因と対策について解説してきましたが、黄ぐすみは原因も様々で原因によっての対策もそれぞれです。

どの原因で黄ぐすみになっているのかは、自分では中々分からないので、まずは原因を一つ仮定してケアしてみると良いでしょう。

一度にすべてに取り組んでも、結局何が効果的だったのかわからずじまいということにも。
取り入れやすいケアから試してみるのが、結局は近道だったりしますので、まずはすぐにできそうなものから取り組んでみてくださいね。

 

サイトマップ